カンボジア旅行知恵袋

カンボジア旅行に行く前にぜひ訪れていただきたいカンボジア旅行総合情報サイトです。大使館、ビザなどカンボジア旅行の基本情報から、アンコールワットなどカンボジア現地最新情報までお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

アンコール・ワットに入る拝観料をツーリストオフィスで払う

カンボジア旅行でどうしてもおさえたい観光場所は、やはりアンコール・ワットですね。

アンコール・ワットの入場には、入場券が必要なことをご存じですか?今回はアンコール・ワットを見学するために必要な拝観料(入場料)の支払い方を説明します。

アンコール・ワット観光に必要な入場券は、空港からシェム・リアプの町を抜け、アンコール・ワットにいたる街道の途中にあるコントロールゲイトというところで購入します。あるいは、シェム・リアプのツーリスト・オフィスでもアンコール遺跡の入場券を扱っていますし、現地の旅行社で手配してもらうことも可能です。結局どこでも購入できるということです♪

拝観料は、1日US$20、2~3日US$40、4~7日US$60です。当日ならば何度でも出入りは可能です。本来、アンコール周辺に点在する各寺院を拝観するにも拝観料が必要なのですが、上記の拝観料を支払っておけば、個別に支払う必要はありません。結局はすごくいい加減なのです。実際、拝観システムはきちんと整っていないのが現状で、安いチケットが出回っていたりもします。

チケットの購入には、顔写真が必要です。これは必ず必要ですので注意してくださいね。
3センチ×4センチの写真を1枚、必ず現地に用意していってください。パスポートと一緒に入れていればどうでしょうか。

ツーリスト・オフィスでは、町の情報をはじめ、遺跡群の地図も入手できます。
住所:No.3,St.139
電話番号:(063)963-996
(7:00~11:30、14:00~17:00)
※土日祝日は休みです。午後は閉まっていることが多いため、午前中に訪れることをお勧めします。

せひ、訪問してみてください。

そして、もうひとつ。
カンボジアの国民のほとんどは敬虔な仏教徒です。旅行者であっても、アンコール・ワットをはじめとする寺院の拝観の際にはもちろんのこと、外出の際にはあまり肌を露出した服装は避けたほうがいいでしょう。

とにかく暑い国です。タンクトップや半そで半ズボンよりも、むしろ長袖の通気性のよいシャツをはおっていたほうが直射日光をさえぎり快適です。ベトナムの民族衣装もそのような形になっていますよね。

スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの基本情報
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cambodiaryokou.blog61.fc2.com/tb.php/8-5edef903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。