カンボジア旅行知恵袋

カンボジア旅行に行く前にぜひ訪れていただきたいカンボジア旅行総合情報サイトです。大使館、ビザなどカンボジア旅行の基本情報から、アンコールワットなどカンボジア現地最新情報までお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

壮大なアンコールワットの壁画彫刻

ただ単にアンコールワットを見てきたっていうのはあまりにももったいないと思います。
その歴史的背景や美術史をちょっと、ほんのちょっと調べるだけで遺跡や壁画も全く異なったものになります。

アンコール遺跡群のひとつ、アンコールワットは、12世紀に建立された巨大石造寺院です。寺院は、周りを取り囲む濠と参道、3つの回廊、および中心の5基の塔から成ります。

東西1.4キロメートル、南北1.3キロメートルにおよぶ外周の濠を自分の足で歩いて、その壮大さを実感するといいでしょう。もしかしたらパッケージ旅行でそんな時間はないのかもしれませんが・・・♪

アンコールワットには、古代インドの影響と土着の文化がその基盤をなしているといわれます。現在は、仏教寺院としての体裁を整えていますが、建立当時は、クメール人(カンボジア人)が信仰していたヒンズー教の寺院だったのです。

インドの影響と、ヒンズー教の影響は、その3つの回廊に掘られた壁画彫刻にみることができます。

3つの回廊では、緻密で豪華絢爛なレリーフに圧倒されます。

第1の回廊には、古代インドの長編叙事詩「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」などに取材された物語が彫られています。

第2回廊には、ヒンズー教神話の天地創造神話、「乳海攪拌図」があります。「乳海攪拌図」は、左半分には阿修羅、右半分には神々がいて、ナーガ(大蛇)の胴体で綱引きをしているものです。足元には、魚やわにがうごめき、頭上にはアプサラ(天女)が踊っています。綱の中心で指揮をとるのは亀の背にのったヴィシュヌ神です。

そして第2回廊から第3回廊へと向かう中では、内壁のデバダ神の柔和な表情に見ほれてしまうことでしょう。優雅が踊り、華奢な髪飾り・・・その繊細さは、神々しさを放っています。

インド叙事詩やヒンズー教の物語を知ったうえで見ると、実に見ごたえのある壁画彫刻であることがよりいっそう実感できます。

歴史を一から勉強する必要はありません。何か簡単なものをちょっと読むだけでOKですよ。これもぜひおすすめです

スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの観光箇所

トロットやアプサラダンスなどの精霊崇拝アニミズム

トロット、アプサラダンスって聞いてすぐわかる方はかなりのカンボジ通だと思いますが、一般的にはあまり知れ渡っていない言葉です。

カンボジアの住民の95パーセントは仏教徒ですが、上座部仏教とともに人びとの生活に、精神に、深く根付いているのが「ネアク・タ」という、一種の精霊崇拝(アニミズム)です。これは土地神や先祖神で、小さな祠をつくって祀られていることが多いです。

●トロット
カンボジアの行事、および伝統芸能には精霊崇拝の精神を組み込んだものが多くあります。たとえば、カンボジアのお正月(4月中旬)に催される民俗行事に「トロット」というものがあります。新年の神々を迎えて、今年の幸福を祈願し、踊りを行うのです。精霊崇拝(アニミズム)に仏教的要素が加わって形成されました。農村の伝統行事のひとつです。

●アプサラダンス
アプサラは、神と人間との仲介者です。インドでは「水の精」を意味しますが、カンボジアにおいては天女、天使に近い存在として捕らえられているようです。踊りは神への祈りとしてささげられます。現在は、国の文化政策の一環として育成されています。

かつてのアンコール王朝の都であり、アンコール遺跡群の観光拠点となっている、シエムリアプ市内に、カンボジア工芸技術学校「アーティザン・ダンコール」があります。カンボジアの工芸品の工房と並び、アプサラダンス教室を見学することができます。

アンコール王朝の隆盛と衰退、シャム(タイ)の侵略、その後近代の戦争と略奪、虐殺・・・と、悲惨な歴史を経て、活気を取り戻そうとしているベトナムの元気な姿をみると、何か、私たちが失ってしまったものをみている気がします。


海外旅行をする上で、このようなことをちょっと勉強しておけば、カンボジアの印象が変わり旅行を数倍楽しむことができると思います。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの生活習慣

カンボジアではぜひみたい、のスパエク(影絵劇)

スパエク

カンボジアに限らず、東南アジア一帯の文化にはインドの影響が色濃く根付いています。特に、インドの長編叙事詩「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」はタイ、インドネシア、そしてカンボジアにおいて、土着の文化や民話を織り込み、それぞれの地域版ともいうべきものを生み出したことについては何回か説明しました。

カンボジアにおいて、これら2大インド叙事詩は影絵劇となって発展しました。「リムッケー」は、カンボジア版「ラーマーヤナ」として知られています。


スパエク(影絵劇)とは、「ラーマーヤナ」物語を題材にとった民衆影絵劇です。大まかな筋は決まっているのですが、台本はありません。

ほとんどが即興で演じられ、その場の軽妙なやりとりが観る者に緊張感と笑いをもたらします。それが、現代に生きる古典影絵「スパエク」の大きな魅力となっています。

農村のひとつの娯楽として定着しており、祝い事や収穫後などに寺の境内で行われます。

カンボジアは、首都プノンペンを除くと、アンコール遺跡群のあるシエムレアプといえども小さな都市ばかりといっていいほどです。カンボジアの全人口のうち80パーセントは農村に住んでいます。

農村の生活は農事暦によって規定され、農民にとっては自然のサイクルこそが道徳であり、一種の秩序なのです。メコン川とトレッサップ湖、そしてシャム湾・・・と、自然の恵みが豊かなカンボジアでは、今も昔も農民が国家を支えています。

あれほどの隆盛を極めたアンコール王朝が15世紀半ばにシャム(タイ)のアユタヤ朝に侵略され、その後、近代においては1970年以来、戦争と虐殺、そして今もジャングルに埋まったままになっている地雷・・・と、悲惨な経験を経てきているにもかかわらず、楽観的で、くよくよしない性格といいわれる農民たちが力強く生活を営んでいる姿をみると、旅人は元気をもらえる気がします。

その元気をもらいにカンボジア旅行にぜひ行ってみましょうね。


テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの観光箇所

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。