カンボジア旅行知恵袋

カンボジア旅行に行く前にぜひ訪れていただきたいカンボジア旅行総合情報サイトです。大使館、ビザなどカンボジア旅行の基本情報から、アンコールワットなどカンボジア現地最新情報までお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

カンボジアはインド文化の受容

インド文化は、東南アジア一帯に大きな影響をもたらしたことは周知の事実ですが、カンボジア(クメール)は、紀元前後からインド文化の影響を受けた港市国家として発展し、インドシナ半島南部に栄えました。

海のシルクロード上の貿易上の中継地点にあたったことから、インド、中国、そしてローマ帝国とも交流があったといいます。

モンスーン(季節風)を利用した貿易船によって、インドは紀元前後から、現在のカンボジアの地を訪れ、土着の文化にインド的世界観を浸透させました。そしてこの文化基盤が、アンコール時代の繁栄の基礎となるのです。


●ラーマーヤナとマハーバーラタ
インドから伝わった文化のなかでも、カンボジアの、特に民衆に愛されたのは、インドの長編叙事詩「ラーマーヤナ」と「マハーバーラタ」です。

このふたつの冒険と闘争の物語は、タイにおいても、インドネシアにおいても民話などを取り入れながら、それぞれの地域版を生み出していきました。

カンボジアにおいても同様で、カンボジアの農村で独自の物語として展開することになります。カンボジアの人たちは、この物語をもとに影絵劇「スパエク」をつくり、民話なども取り混ぜていったのです。

カンボジア版の「ラーマーヤナ」物語として、それをベースに「リムケー」が知られています。


●ペッサンタラジャータカ

「リムケー」が「ラーマーヤナ」のカンボジア版であるように、カンボジアには他にも外来の文化を自国版に置き換えたものがあります。それが「ペッサンタラジャータカ」です。釈迦誕生以前の前世時代の物語である「ジャータカ」(本生譚)の一部をカンボジア版に置き換えたものです。


どうでしょうか、カンボジアはインドからの影響を受け、その文化を発展させていったことがお分かりになったと思います
一度ご覧になることをおすすめします。
スポンサーサイト

テーマ:旅行情報 - ジャンル:旅行

  1. カンボジアの歴史

カンボジア人と日本人との交流

カンボジアには、17世紀初めごろからプノンペンやピニャールに日本人町が形成されるなど、日本とは交流がありました。

最盛期には、数百人の日本人がこの地に居住していたといわれています。朱印船貿易によるものでしたが、日本の鎖国以後、交流はとだえてしまい、日本人町も消滅してしまいました。

また、今では、カンボジアの観光のメインとまで言われている、アンコール遺跡群ですが、密林のジャングルのなかから再発見されたのは、約100年前のことです。

しかし、実は、江戸時代の初めに日本の武士がこの場所を訪れていたことがわかりました。ただ残念なことに遺跡に残された落書きから明らかになっています。遺跡に落書きなどイタリアの遺跡に落書きする学生の祖先?

当時、日本人はアンコール・ワットを祇園精舎の遺跡と勘違いしていたようです。コーサラ国にあったと伝わる歴史的祇園精舎は、実際には今のインドのウッタンプラデシュ州にあったとされ、現在は整備されて観光地となっています。

ところが江戸初期、加藤清正の家臣の子が、先祖の菩提を弔うためにこのアンコール・ワットに仏像を奉納したというのです・・・そのことが落書きに書かれていたのです。

祇園精舎というのは、釈尊が説法した僧院です。1632年にアンコール・ワットを訪れた、森本右近太夫一房は、アンコール・ワットの大寺院を見て、その壮大さに圧倒されてしまったのかもしれません。

祇園精舎に間違いがない!と勘違いして参拝し、仏像を奉納しました。そしてあろうことか、墨で壁に落書きを残したのです。

何百年後かに、まさかそんなことで有名になろうとは森本右近太夫一房さんも創造できなかったでしょうね♪

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの歴史

宗教生活と礼儀作法

カンボジアは、住民の95パーセントが仏教徒です。仏教は、ポル・ポト政権時代には、大弾圧を受けました。しかし現在は、再生中です。

もともと農村部の人たちは信心深く、寺院は生活の一部でした。祭りや儀礼も寺とは切り離すことができないものでしたし、寺が社会教育の場になっており、そこで成年教育や道徳教育がなされていたのです。カンボジアには、「チュバ・クラム」という、礼儀作法集がありますが、これは仏教道徳や社会訓話などを収集したものです。昔の寺子屋的存在になっていました。

カンボジアには、「ポン・プレア」という日があります。この世に善行を行う日とされ、朝、人びとが僧侶の説教を聞くために集まるのです。供え物をささげ、僧の前にひれ伏して功徳を積みます。

もともと、アンコール遺跡群のなかで、巨大な大寺院として12世紀に建立されたアンコール・ワットですが、そもそもこの寺院は建立当時、クメール人(カンボジア人)の信仰していたヒンズー教に基づいて建てられたものだったのです。後に、15世紀中頃からシャム(タイ)のアユタヤ朝など、タイの勢力が及ぶなか、上座部仏教化して仏像が安置されるようになり、仏教寺院としての体裁を整えたのです。

その他、カンボジアには、「チュバ・プロ」と「チュバ・スレイ」といって、成年の男女になされる道徳教育があります。「チュバ・プロ」は男子訓であり、「チュバ・スレイ」が女子訓です。

道徳教育が廃れつつあるといわれる日本が見習うべきことが多いかもしれません。
こんなことから、カンボジアに行くと古きよき時代の日本を感じることがあるってことにつながるのかなぁ~なんて思ってしまいますね。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの生活習慣

サムローなど、カンボジアの食事

今回は、カンボジアの食生活についてお伝えしようと思います。
海外旅行に行っても食事は大切な要素ですから。

カンボジアの全人口のうち90パーセントはクメール人で、その他に華僑(中国人)、ベトナム人、チャム人、および山岳の小民族などががいます。住民の80パーセント以上は、農村居住者で、自然のサイクルにのっとった生活を送っています。

カンボジアの食事は米が中心で、それにサムローというスープ、2、3の副食がつくのが一般的です。そんなカンボジアの食事でも特に農村ではより簡素となります。中国料理の影響もみられます。


以下、代表的なカンボジア料理をご紹介します:

●サムロー
酸味のある果実の風味が豊かなカンボジアのスープです。レモンやパイナップルなどのかんきつ類で酸味をつけます。薬草類を入れることもあります。具は主に鶏、牛、豚などの肉類が入ります。

●ヌンバンチョ
稲作中心のカンボジアでは、麺類も米粉からつくったものが一般です。ヌバンチョは、米粉からつくられた細い面です。カレー味のスープや魚のスープなどに薬草をかけていただきます。

●アモック
カンボジアは、湖と川に恵まれた地域です。トレ・サップ湖は川を通じてメコン川とつながっています。そのためカンボジアの料理には川魚が多く登場します。アモックは、川魚をバナナの葉にくるんで、香辛料と共に蒸した料理です。

●調味料(トック・トレイとプラホック)
また、カンボジアの料理においては、魚から作られた調味料が重要な位置をしめます。たとえば、トック・トレイは、魚から作られたしょうゆの一種です。ベトナムのニョクマムに相当すると考えていいでしょう。その他、魚を塩漬けにしてペースト状にしたプラホックも農村では欠かせない食料となっています。

いかがですか?
素朴な素材を生かしたような料理が多いですよね。
ぜひ、一度カンボジアを訪れて、色々なカンボジア料理を試してみてくださいね♪

テーマ:旅行情報 - ジャンル:旅行

  1. カンボジアの食事
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カボチャプリンのレシピ

海外旅行に行くのにも、その前にレシピなどで訪問国の名物料理を作っておくのも現地で食べるのとの差が出て楽しいと思います。

今回は、カンボジア旅行で一度は食べると思うかぼちゃプリンの作り方を伝授します♪


カンボジアの名物デザートといえば、かぼちゃの皮を器につかったカボチャプリンです。ココナツミルクを入れるところが特徴です。卵がたっぷりで、器のカボチャごと食べてしまう、栄養満点なデザートです。

その豪快さとユニークさは、是非、挑戦してみたくなる気持ちにさせます。作り方はいたって簡単!お子さんが喜ぶこと間違いなしです。パーティなどでおおいに盛り上がることでしょう。


カボチャプリン
◆材料
・カボチャ・・・中1個
・卵・・・7個
・ココナツミルク・・・200cc
・砂糖・・・100g
・塩・・・小さじ1/2
・小麦粉・・・大さじ1

◆作り方
1.器となるカボチャを用意します。
カボチャはナイフでへたの部分を3~4センチ四方に切り取ります。へたはあとでふた代わりに用いるのでとっておいてください。
*カボチャは硬いので、全体を水にくぐらせたあと、レンジで1分チンすると柔らかく、へたをくり抜きやすくなります。
*ナイフを入れるときは、少し中心に向かって入れるととりやすいです。

2.スプーンで種とわたをきれいにくり抜きます。水洗いしてよく水気をふきとります。

3.フィリングを作ります。
卵を割りほぐし、ココナツミルク、砂糖、塩、小麦粉を混ぜ合わせます。裏ごし器でこすと出来上がりが滑らかです。

4.2でくり抜いた、カボチャのなかに3を流しいれます。裏ごし器でこしながら入れるといいです。

5.ヘタをのせ、蒸し器で蒸します。

6.最初は強火で10分位、後は弱火にして1時間ほど蒸します。竹串を真ん中に刺してみて、何もついてこなくなれば出来上がりです!
放射状に切り分けてお皿に盛って・・・召し上がれ!

そして、現地でいっそう腕に磨きをかけて、カンボジアスイーツの巨匠に!!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. カンボジアの食事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。