カンボジア旅行知恵袋

カンボジア旅行に行く前にぜひ訪れていただきたいカンボジア旅行総合情報サイトです。大使館、ビザなどカンボジア旅行の基本情報から、アンコールワットなどカンボジア現地最新情報までお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

バイヨン寺院などアンコール・トムへは、カンボジア航空でシエムリアプへ

やはり不便なところにあるアンコール遺跡ですが、その観光拠点であるシエムリアプへは、カンボジアの首都プノンペンから空路で行くのが一般的です。やはり陸路だと道も悪いし非常に時間がかかるため、あまりおすすめできません。カンボジア航空が毎日3~4便往復しています。所要時間は50分程度です。

その他、タイのバンコクからカンボジア航空、バンコク・エアウェイズ、タイ航空などで直接カンボジアのシエムリアプへ入るルートもあります。所要時間は1時間程度です。

巨大な都城であるアンコール・トムは、9世紀に即位したヤショーバルマン一世がアンコールの地王都と定め、4キロ四方の大環濠都城を建造したことに始まります。ヤショーダラプラ(「ヤショーバルマン王の都城」)と呼ばれ、それから約550年間にわたって、都城と寺院が建設されることになるのです。アンコール・トムというのは、クメール語で「大きな都市」を意味します。

アンコール(クメール)王国は、12世紀末から13世紀初め、ジャヤバルマン7世のときに最盛期を迎えます。アンコール・トムは、大寺院アンコール・ワットの北に隣接し、周囲を濠で囲まれています。内部には王宮や寺院など、80を超える石造遺跡があります。その代表的存在が、バイヨン寺院です。

バイヨン寺院の49ある尖塔の上部には観音菩薩の4面像が刻まれています。つまり、196にのぼる数になるのです。普段、宗教とは無縁の生活を送っている人でも・・・四方八方から巨大な菩薩の顔に囲まれると、敬虔な気持ちになるから不思議です。かすかに微笑むその笑いは「クメールの微笑」と呼ばれ、カンボジアの紙幣である500リエルに印刷されています。

壮大な遺跡アンコール・トムをぜひご覧くださいね♪
スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの基本情報

カンボジア旅行の人気観光スポット、アンコール・ワット

カンボジアのアンコールワット


カンボジアと言われたら、すぐになによりもアンコールワットと答える方が多いのではないでしょうか。

アンコール・ワットは、9世紀に即位したヤショーバルマン1世が建築を始めた大環濠都城の建設が約550年間にわたって続けられるなか、12世紀にスールヤバルマン2世によって建立された石造大寺院です。アンコール・ワットとは、カンボジアの言葉で「寺院都市」を意味しますが、本来これはスールヤバルマン2世の廟墓だったといわれています。

寺院は、周りを取り囲む濠と参道、3つの回廊、および中心の5基の塔から成ります。外周を取り囲む濠は壮大で、東西1.4キロメートル、南北1.3キロメートルにおよびます。その壮大さに酔いしれながら、ゆっくりと自分の足で歩いてみるといいかもしれませんね。そのスケールの大きさを実感することでしょう。

アンコール・ワットには、古代インドの影響と土着の文化がその基盤をなしているといわれます。スールヤバルマン2世は、この寺院により王権の神格化を図る共に、クメール(カンボジア)独自の宇宙観を表現しようとしたのです。

もともとアンコール・ワットは、当時のクメール人の信仰に基づいて建てられた寺院だったのですがその後、タイ(シャム)のアユタヤ朝の侵入を受け、タイの影響から上座部仏教化し、仏像が安置されるなど仏教寺院としての体裁を整え、今日に至ったのです。

5基の塔は、高さ60メートルの中央塔の周りに4基の塔を配置し、祠堂となっています。これは世界の中心のメール山を象徴します。そして周壁は、雄大な連邦を、環濠は深く、無限な大洋を意味していたといいます。寺院の最上階にある中心塔は、ヴィシュヌ神が降臨する場です。そしてここで王と合体するといわれていました。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの遺跡群
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

アンコール・ワット,アンコール・トム,パンテアイ・スレイ,デバター像などアンコール遺跡群に行ってみよう

1990年代にようやく、カンボジアは観光事業に力を入れることになります。それまでのカンボジアは内戦と混乱が続いていました。アンコール遺跡という世界に誇る観光名所をもちながらです。

しかし和平調印後も国内の移動は困難で、宿泊事情も決して良いとはいえません。
とはいえ、アンコール遺跡・・・正確には、アンコール遺跡群は世界中から旅行者をひきつけてやみません。

●アンコール・ワット
アンコール・ワットは、12世紀、スールヤパルマン二世によって建立された壮大な石造大寺院です。建築当時は、ヒンズー教ビシュヌ派の寺院でしたが、その後侵入したタイ人(シャム人)が仏教寺院として使用されるという歴史を経ています。

●アンコール・トム
カンボジア語で「大きな都」を意味するアンコール・トムは、9世紀後半に建造された大王都です。バイヨン寺院、王宮、王のテラス、象のテラスを含みます。

●パンテアイ・スレイ
赤色砂岩でつくられた小さな寺院です。10世紀建造の小遺跡なのですが、その彫刻類はアンコール遺跡のなかでも最高のレベルを誇ります。特に有名なのは、デバター(女神)像でしょう。「東洋のモナリザ」と称されています。アンコール遺跡めぐりの拠点であるシェムレアプ市内からは約30キロほどですが、是非、訪れてほしいところです。

タ・プローム、スラ・スラン、バンテリアイ・グレイ、プレア・カン、ロリュオス・グループなどなどベトナムにはその他にも観光可能な遺跡が30ほどあります。移動条件など厳しいなかでの観光となりますが、可能な限り訪れてみることをおすすめします。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの基本情報
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

アンコール・ワットに入る拝観料をツーリストオフィスで払う

カンボジア旅行でどうしてもおさえたい観光場所は、やはりアンコール・ワットですね。

アンコール・ワットの入場には、入場券が必要なことをご存じですか?今回はアンコール・ワットを見学するために必要な拝観料(入場料)の支払い方を説明します。

アンコール・ワット観光に必要な入場券は、空港からシェム・リアプの町を抜け、アンコール・ワットにいたる街道の途中にあるコントロールゲイトというところで購入します。あるいは、シェム・リアプのツーリスト・オフィスでもアンコール遺跡の入場券を扱っていますし、現地の旅行社で手配してもらうことも可能です。結局どこでも購入できるということです♪

拝観料は、1日US$20、2~3日US$40、4~7日US$60です。当日ならば何度でも出入りは可能です。本来、アンコール周辺に点在する各寺院を拝観するにも拝観料が必要なのですが、上記の拝観料を支払っておけば、個別に支払う必要はありません。結局はすごくいい加減なのです。実際、拝観システムはきちんと整っていないのが現状で、安いチケットが出回っていたりもします。

チケットの購入には、顔写真が必要です。これは必ず必要ですので注意してくださいね。
3センチ×4センチの写真を1枚、必ず現地に用意していってください。パスポートと一緒に入れていればどうでしょうか。

ツーリスト・オフィスでは、町の情報をはじめ、遺跡群の地図も入手できます。
住所:No.3,St.139
電話番号:(063)963-996
(7:00~11:30、14:00~17:00)
※土日祝日は休みです。午後は閉まっていることが多いため、午前中に訪れることをお勧めします。

せひ、訪問してみてください。

そして、もうひとつ。
カンボジアの国民のほとんどは敬虔な仏教徒です。旅行者であっても、アンコール・ワットをはじめとする寺院の拝観の際にはもちろんのこと、外出の際にはあまり肌を露出した服装は避けたほうがいいでしょう。

とにかく暑い国です。タンクトップや半そで半ズボンよりも、むしろ長袖の通気性のよいシャツをはおっていたほうが直射日光をさえぎり快適です。ベトナムの民族衣装もそのような形になっていますよね。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの基本情報
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。