カンボジア旅行知恵袋

カンボジア旅行に行く前にぜひ訪れていただきたいカンボジア旅行総合情報サイトです。大使館、ビザなどカンボジア旅行の基本情報から、アンコールワットなどカンボジア現地最新情報までお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

トロットやアプサラダンスなどの精霊崇拝アニミズム

トロット、アプサラダンスって聞いてすぐわかる方はかなりのカンボジ通だと思いますが、一般的にはあまり知れ渡っていない言葉です。

カンボジアの住民の95パーセントは仏教徒ですが、上座部仏教とともに人びとの生活に、精神に、深く根付いているのが「ネアク・タ」という、一種の精霊崇拝(アニミズム)です。これは土地神や先祖神で、小さな祠をつくって祀られていることが多いです。

●トロット
カンボジアの行事、および伝統芸能には精霊崇拝の精神を組み込んだものが多くあります。たとえば、カンボジアのお正月(4月中旬)に催される民俗行事に「トロット」というものがあります。新年の神々を迎えて、今年の幸福を祈願し、踊りを行うのです。精霊崇拝(アニミズム)に仏教的要素が加わって形成されました。農村の伝統行事のひとつです。

●アプサラダンス
アプサラは、神と人間との仲介者です。インドでは「水の精」を意味しますが、カンボジアにおいては天女、天使に近い存在として捕らえられているようです。踊りは神への祈りとしてささげられます。現在は、国の文化政策の一環として育成されています。

かつてのアンコール王朝の都であり、アンコール遺跡群の観光拠点となっている、シエムリアプ市内に、カンボジア工芸技術学校「アーティザン・ダンコール」があります。カンボジアの工芸品の工房と並び、アプサラダンス教室を見学することができます。

アンコール王朝の隆盛と衰退、シャム(タイ)の侵略、その後近代の戦争と略奪、虐殺・・・と、悲惨な歴史を経て、活気を取り戻そうとしているベトナムの元気な姿をみると、何か、私たちが失ってしまったものをみている気がします。


海外旅行をする上で、このようなことをちょっと勉強しておけば、カンボジアの印象が変わり旅行を数倍楽しむことができると思います。
スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの生活習慣

宗教生活と礼儀作法

カンボジアは、住民の95パーセントが仏教徒です。仏教は、ポル・ポト政権時代には、大弾圧を受けました。しかし現在は、再生中です。

もともと農村部の人たちは信心深く、寺院は生活の一部でした。祭りや儀礼も寺とは切り離すことができないものでしたし、寺が社会教育の場になっており、そこで成年教育や道徳教育がなされていたのです。カンボジアには、「チュバ・クラム」という、礼儀作法集がありますが、これは仏教道徳や社会訓話などを収集したものです。昔の寺子屋的存在になっていました。

カンボジアには、「ポン・プレア」という日があります。この世に善行を行う日とされ、朝、人びとが僧侶の説教を聞くために集まるのです。供え物をささげ、僧の前にひれ伏して功徳を積みます。

もともと、アンコール遺跡群のなかで、巨大な大寺院として12世紀に建立されたアンコール・ワットですが、そもそもこの寺院は建立当時、クメール人(カンボジア人)の信仰していたヒンズー教に基づいて建てられたものだったのです。後に、15世紀中頃からシャム(タイ)のアユタヤ朝など、タイの勢力が及ぶなか、上座部仏教化して仏像が安置されるようになり、仏教寺院としての体裁を整えたのです。

その他、カンボジアには、「チュバ・プロ」と「チュバ・スレイ」といって、成年の男女になされる道徳教育があります。「チュバ・プロ」は男子訓であり、「チュバ・スレイ」が女子訓です。

道徳教育が廃れつつあるといわれる日本が見習うべきことが多いかもしれません。
こんなことから、カンボジアに行くと古きよき時代の日本を感じることがあるってことにつながるのかなぁ~なんて思ってしまいますね。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの生活習慣

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。