カンボジア旅行知恵袋

カンボジア旅行に行く前にぜひ訪れていただきたいカンボジア旅行総合情報サイトです。大使館、ビザなどカンボジア旅行の基本情報から、アンコールワットなどカンボジア現地最新情報までお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

カンボジアの小春巻き、チャージョー

カンボジアの食事はお米が中心です。なのでタイの唐辛子を使うような料理に比べて非常に優しい味が多いです。トレン・サップ湖など淡水魚の豊富な漁場を有することから、魚を使った料理や調味料が多いのが特徴です。

日本でも手軽に手に入る材料で、カンボジアのおなじみの料理にぜひ挑戦してみてください♪

普通の春巻きの4分の1ほどの小さな春巻きです。



小春巻(チャージョー)

◆材料(40個分)
豚挽き肉・・・200g
小えび・・・50g
たまねぎ・・・1/4個
春雨・・・20g
にんにく・・・1かけ
バターピーナッツ・・・大さじ2
春巻きの皮・・・10枚
塩、砂糖、小麦粉・・・少々

●たれ
砂糖


トゥクトライ(魚醤油)
にんにく1片
赤唐辛子

◆作り方
下準備
エビ
エビは、殻と背わたをとって、包丁でたたいてミンチにします。すり鉢ですってもokです。

春雨
春雨はお湯でもどし、よく水を切ります。その後、みじん切りにします。

玉ネギ、ニンニク
玉ネギとニンニクはそれぞれみじん切りにします。

バターピーナッツ
ミキサーまたはすり鉢で細かくします

作り方
1.ひき肉と、それぞれ下準備したエビ、春雨、玉ネギ、ニンニクをよく混ぜます。
2.普通サイズの春巻の皮を正方形に4等分します。
  1のひき肉を少しずつのせて巻きます。水溶きの小麦粉をのりにして止めるとうまく  とまります。
3.揚げ油で皮がきつね色になるまで揚げてお皿に盛ります。


●たれの作り方
水の中に砂糖、塩を入れて、火にかけます。
よく混ぜ、酢、トゥクトライ、みじん切りのにんにくを加えます。
ピリカラがお好きな方は、薄切りの赤唐辛子を加えるとよりエスニックな味になります。トゥクトライ(魚醤油)があればもちろんいいのですが・・・無い場合、または魚の生臭さが気になる人は、普通のおしょうゆで代用してみてもいいと思います。

ぜひ、ぜひカンボジアの郷土料理、小春巻(チャージョー)を試してみてくださいね♪


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. カンボジアの食事

サムローなど、カンボジアの食事

今回は、カンボジアの食生活についてお伝えしようと思います。
海外旅行に行っても食事は大切な要素ですから。

カンボジアの全人口のうち90パーセントはクメール人で、その他に華僑(中国人)、ベトナム人、チャム人、および山岳の小民族などががいます。住民の80パーセント以上は、農村居住者で、自然のサイクルにのっとった生活を送っています。

カンボジアの食事は米が中心で、それにサムローというスープ、2、3の副食がつくのが一般的です。そんなカンボジアの食事でも特に農村ではより簡素となります。中国料理の影響もみられます。


以下、代表的なカンボジア料理をご紹介します:

●サムロー
酸味のある果実の風味が豊かなカンボジアのスープです。レモンやパイナップルなどのかんきつ類で酸味をつけます。薬草類を入れることもあります。具は主に鶏、牛、豚などの肉類が入ります。

●ヌンバンチョ
稲作中心のカンボジアでは、麺類も米粉からつくったものが一般です。ヌバンチョは、米粉からつくられた細い面です。カレー味のスープや魚のスープなどに薬草をかけていただきます。

●アモック
カンボジアは、湖と川に恵まれた地域です。トレ・サップ湖は川を通じてメコン川とつながっています。そのためカンボジアの料理には川魚が多く登場します。アモックは、川魚をバナナの葉にくるんで、香辛料と共に蒸した料理です。

●調味料(トック・トレイとプラホック)
また、カンボジアの料理においては、魚から作られた調味料が重要な位置をしめます。たとえば、トック・トレイは、魚から作られたしょうゆの一種です。ベトナムのニョクマムに相当すると考えていいでしょう。その他、魚を塩漬けにしてペースト状にしたプラホックも農村では欠かせない食料となっています。

いかがですか?
素朴な素材を生かしたような料理が多いですよね。
ぜひ、一度カンボジアを訪れて、色々なカンボジア料理を試してみてくださいね♪

テーマ:旅行情報 - ジャンル:旅行

  1. カンボジアの食事
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カボチャプリンのレシピ

海外旅行に行くのにも、その前にレシピなどで訪問国の名物料理を作っておくのも現地で食べるのとの差が出て楽しいと思います。

今回は、カンボジア旅行で一度は食べると思うかぼちゃプリンの作り方を伝授します♪


カンボジアの名物デザートといえば、かぼちゃの皮を器につかったカボチャプリンです。ココナツミルクを入れるところが特徴です。卵がたっぷりで、器のカボチャごと食べてしまう、栄養満点なデザートです。

その豪快さとユニークさは、是非、挑戦してみたくなる気持ちにさせます。作り方はいたって簡単!お子さんが喜ぶこと間違いなしです。パーティなどでおおいに盛り上がることでしょう。


カボチャプリン
◆材料
・カボチャ・・・中1個
・卵・・・7個
・ココナツミルク・・・200cc
・砂糖・・・100g
・塩・・・小さじ1/2
・小麦粉・・・大さじ1

◆作り方
1.器となるカボチャを用意します。
カボチャはナイフでへたの部分を3~4センチ四方に切り取ります。へたはあとでふた代わりに用いるのでとっておいてください。
*カボチャは硬いので、全体を水にくぐらせたあと、レンジで1分チンすると柔らかく、へたをくり抜きやすくなります。
*ナイフを入れるときは、少し中心に向かって入れるととりやすいです。

2.スプーンで種とわたをきれいにくり抜きます。水洗いしてよく水気をふきとります。

3.フィリングを作ります。
卵を割りほぐし、ココナツミルク、砂糖、塩、小麦粉を混ぜ合わせます。裏ごし器でこすと出来上がりが滑らかです。

4.2でくり抜いた、カボチャのなかに3を流しいれます。裏ごし器でこしながら入れるといいです。

5.ヘタをのせ、蒸し器で蒸します。

6.最初は強火で10分位、後は弱火にして1時間ほど蒸します。竹串を真ん中に刺してみて、何もついてこなくなれば出来上がりです!
放射状に切り分けてお皿に盛って・・・召し上がれ!

そして、現地でいっそう腕に磨きをかけて、カンボジアスイーツの巨匠に!!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. カンボジアの食事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。