カンボジア旅行知恵袋

カンボジア旅行に行く前にぜひ訪れていただきたいカンボジア旅行総合情報サイトです。大使館、ビザなどカンボジア旅行の基本情報から、アンコールワットなどカンボジア現地最新情報までお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

パンテアイ・スレイ

今回は、小さな遺跡にもかかわらず、訪れる人びとが息を呑むほどのすばらしい魅力を放っているパンテアイ・スレイについて詳しくお伝えします。

アンコール・ワットから40キロメートル北西にある「パンテアイ・スレイ」は、10世紀に建立された薄紅色の砂岩で造られた寺院などの小さな遺跡です。

その壁面はヒンズー神話をモチーフにした華麗な装飾で埋め尽くされています。

その彫刻は、アンコール遺跡のなかでも最高の傑作といわれるほどで、特に中央祠堂には、「東洋のモナリザ」と呼ばれる、デバダー(女神)や、守門神ドゥヴァラパーラのレリーフが残されています。

繊細で優美、かつ壮観な美しさに、アンコール遺跡を訪れた人たちのなかには、最も感動したと述べる人も少なくありません。

アンコール・トムやアンコール・ワットのあるところ周辺からは、バイクタクシーでのアクセスも可能で、所要時間は3時間ほどです。

しかし道中の安全には不安が残ります。道路事情が悪いだけでなく、強盗などの万一の危険が伴うのです。外務省は観光を控えるよう呼びかけているところですので残念ながらあまりお勧めはできません。訪れるときには、事前に現地での最新かつ確実な情報を入手してください。

町の情報はツーリスト・オフィスで入手できます。遺跡群の地図も手に入ります。アンコール遺跡群の入場券も扱っていますので、シエムリアプに到着したらまず先に訪ねるといいでしょう。

午後は閉まっていることが多いので要注意です!その他、ホテルやレストランで情報ノートなどが置かれ、旅人同士の情報交換ができるようになっているところもあります。

スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの遺跡群

フランスの博物学者アンリ・ムオーのアンコール遺跡の再発見

5、6世紀から徐々にその版図を広げていったクメール人(カンボジア人)は、9世紀、ヤショーバルマン一世によって4キロ四方の大環濠都城を建造したことでますますその勢力を確固たるものになります。

王都は、その後現地語で「ヤショーバルマン王の都城」を意味する「ヤショーダラプラ」を呼ばれ、550年間にわたって都城と寺院が建設されていきました。

これらが今日残る、アンコール遺跡群です。王都がアンコール・トム、そして12世紀に建てられた大寺院がアンコール・ワットです。これをごちゃごちゃにされている方が多いです。しっかりと理解していてくださいね。

その後、アンコール王朝はジャヤバルマン七世のもとで最盛期を迎えましたが、15世紀になり、シャム(タイ)のアユタヤ朝によって攻略されました。

アンコール王朝はそれから苦難の時代を迎え、都を点々とすることになったのです。

そして疑問になるのは、9世紀「ヤショーバルマン王の都城」と呼ばれ、550年間もかけて建造されていったあのアンコール遺跡群はどうして廃墟になってしまったのでしょうか。

15世紀中期に、プノンバケンの小さな丘の4キロ四方の大環濠都城、アンコールを首都として栄えたアンコール王朝(クメール帝国)は、タイのアユタヤ朝との戦いに敗れたあと、急速に衰退し、アンコールも都市としての機能を失いました。そしてやがて原生林におおいかくされてしまったのです。

19世紀後半、フランスの博物学者アンリ・ムオーが政府の援助を受けることなくジャングルのなかにこの遺跡を再発見しました。彼は個人的な経費でインドシナ全域の科学的調査を行ったのです。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの遺跡群
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カンボジア旅行の人気観光スポット、アンコール・ワット

カンボジアのアンコールワット


カンボジアと言われたら、すぐになによりもアンコールワットと答える方が多いのではないでしょうか。

アンコール・ワットは、9世紀に即位したヤショーバルマン1世が建築を始めた大環濠都城の建設が約550年間にわたって続けられるなか、12世紀にスールヤバルマン2世によって建立された石造大寺院です。アンコール・ワットとは、カンボジアの言葉で「寺院都市」を意味しますが、本来これはスールヤバルマン2世の廟墓だったといわれています。

寺院は、周りを取り囲む濠と参道、3つの回廊、および中心の5基の塔から成ります。外周を取り囲む濠は壮大で、東西1.4キロメートル、南北1.3キロメートルにおよびます。その壮大さに酔いしれながら、ゆっくりと自分の足で歩いてみるといいかもしれませんね。そのスケールの大きさを実感することでしょう。

アンコール・ワットには、古代インドの影響と土着の文化がその基盤をなしているといわれます。スールヤバルマン2世は、この寺院により王権の神格化を図る共に、クメール(カンボジア)独自の宇宙観を表現しようとしたのです。

もともとアンコール・ワットは、当時のクメール人の信仰に基づいて建てられた寺院だったのですがその後、タイ(シャム)のアユタヤ朝の侵入を受け、タイの影響から上座部仏教化し、仏像が安置されるなど仏教寺院としての体裁を整え、今日に至ったのです。

5基の塔は、高さ60メートルの中央塔の周りに4基の塔を配置し、祠堂となっています。これは世界の中心のメール山を象徴します。そして周壁は、雄大な連邦を、環濠は深く、無限な大洋を意味していたといいます。寺院の最上階にある中心塔は、ヴィシュヌ神が降臨する場です。そしてここで王と合体するといわれていました。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの遺跡群
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。