カンボジア旅行知恵袋

カンボジア旅行に行く前にぜひ訪れていただきたいカンボジア旅行総合情報サイトです。大使館、ビザなどカンボジア旅行の基本情報から、アンコールワットなどカンボジア現地最新情報までお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

カンボジアのホテルが混んできています

最近のブームなのか、アンコールワットに人気があるのか
ホテルがすごく混んできていますので、ご注意くださいね。
スポンサーサイト
  1. カンボジアの基本情報
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

防犯の手引き カンボジア日本大使館

何か危険な事件に巻き込まれてしまったとき、現地で頼りになるのは、在カンボジアの日本大使館です。

カンボジア日本国大使館は、現地に居住する日本人向けに危険情報を提供すると共に、安全のための警告を促しています。以下、旅行者にとっても非常に有用な注意を引用してご紹介します。

カンボジア旅行出発前に、外務省の危険情報とともに、カンボジア日本国大使館のホームページをごらんになって出発されることをお勧めします:

自己責任という言葉の意味を感じてくださいね。


「防犯の手引き」

安全のための3原則
安全のための3原則とは、「目立たない」、「行動を予知されない」、「用心を怠らない」ことです。これは当然のことのようにも思えますが、この3原則を確実に守って生活することが最も重要であり、同時に最も困難なことかも知れません。


目立たない
外国人は常に地元の人々に注目されています。

何気ない言動がひときわ目立ったり、大きな反感を買ってしまう場合もあるので、日本での常識や生活様式をそのまま持ち込まないようにしてくださいね。

例えば派手な服装・装飾品を身に着けたり、現地では珍しい車に乗ったり、公共の場(レストラン、バー、ホテルなど)で、周囲をはばからず当国の政治、宗教、文化、習慣、生活環境などに批判を加えることは、目立ったり反感を買うばかりでなく、そうした噂が犯罪者等の耳に入って、標的に選ばれてしまう危険性をも生みかねません。


行動を予知されない
行動のパターン化(通勤、買物、レジャー、外食等の際に移動ルートや時間が定型化すること)は犯罪者等の襲撃計画を容易にします。

移動の際のルートや時間を含め、なるべく不規則に行動して予知されにくくすることをお勧めします。

ただし、ルートを変えるためにわざわざ危険な脇道を通ったり、必要以上に遠回りしてしまっては本末転倒です。車のスピードを落とさずに済むよう、できるだけ舗装された大通りを選びましょう。


用心を怠らない

赴任当初は安全に気を配っていても、何か月、何年も現地で生活し「慣れ」が生じてくると、当初注意していた点を忘れがちになり、思わぬ被害に遭うことがあります。
その上、現地の治安状況が予期せず大きく変化することもありますので、家族全員、会社全体で定期的に日頃の安全対策を見直す機会を持つことが大切です。

(以上、カンボジア日本国大使館「防犯の手引き」より引用)

ぜひ、一読して最大限に危険回避を心がけてくださいね

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの基本情報

カンボジアの現地旅行社で申し込む、現地発着ツアー

カンボジアは、アンコール遺跡のある観光都市シエムリアプでさえ、実際には小さな都市で陸上での移動は不便かつ危険です。

また遺跡周辺は比較的安全とはいえ、観光ルートから外れると、やはり危険ですね。脅すわけではないですが、地雷もあり、強盗に襲われたという話もやはりあります。

そのため、よほど現地の事情に詳しくない限り、個人旅行などはおすすめできません。日本からのツアーでない場合は、現地の旅行社に連絡し、現地ツアーに申しこむのも一考ではないでしょうか。

現地旅行者による現地発着のツアーは日本語も含めていろいろあります。やはり英語ガイドの場合は日本語に比べて格安ですので、勉強の意味も含めて参加してみるのも楽しい思い出になるのではないでしょうか。


現地発ツアー(一例)

●アンコールワット半日観光
●アンコールトム半日観光(南大門、バイヨン、バブーオン、王宮跡、ライ象のテラス)
●アンコールワット日の出鑑賞
●トンレサップ湖クルーズ
●クバールスピアン(クレーン山)観光
●バンテイスレイ観光
●半日コース(プレヤカン、ニャックポアン、タソム、東メボン、プレループ)
●ロルオス遺跡群(バコン、プリアコー、ロレイ)

その他、ホテルでの料理教室や、空港の送迎などもあります:

●クメール料理教室(ラッフルズグランドホテル)
●シエムリアプ・空港送迎

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの観光箇所

カンボジアの小春巻き、チャージョー

カンボジアの食事はお米が中心です。なのでタイの唐辛子を使うような料理に比べて非常に優しい味が多いです。トレン・サップ湖など淡水魚の豊富な漁場を有することから、魚を使った料理や調味料が多いのが特徴です。

日本でも手軽に手に入る材料で、カンボジアのおなじみの料理にぜひ挑戦してみてください♪

普通の春巻きの4分の1ほどの小さな春巻きです。



小春巻(チャージョー)

◆材料(40個分)
豚挽き肉・・・200g
小えび・・・50g
たまねぎ・・・1/4個
春雨・・・20g
にんにく・・・1かけ
バターピーナッツ・・・大さじ2
春巻きの皮・・・10枚
塩、砂糖、小麦粉・・・少々

●たれ
砂糖


トゥクトライ(魚醤油)
にんにく1片
赤唐辛子

◆作り方
下準備
エビ
エビは、殻と背わたをとって、包丁でたたいてミンチにします。すり鉢ですってもokです。

春雨
春雨はお湯でもどし、よく水を切ります。その後、みじん切りにします。

玉ネギ、ニンニク
玉ネギとニンニクはそれぞれみじん切りにします。

バターピーナッツ
ミキサーまたはすり鉢で細かくします

作り方
1.ひき肉と、それぞれ下準備したエビ、春雨、玉ネギ、ニンニクをよく混ぜます。
2.普通サイズの春巻の皮を正方形に4等分します。
  1のひき肉を少しずつのせて巻きます。水溶きの小麦粉をのりにして止めるとうまく  とまります。
3.揚げ油で皮がきつね色になるまで揚げてお皿に盛ります。


●たれの作り方
水の中に砂糖、塩を入れて、火にかけます。
よく混ぜ、酢、トゥクトライ、みじん切りのにんにくを加えます。
ピリカラがお好きな方は、薄切りの赤唐辛子を加えるとよりエスニックな味になります。トゥクトライ(魚醤油)があればもちろんいいのですが・・・無い場合、または魚の生臭さが気になる人は、普通のおしょうゆで代用してみてもいいと思います。

ぜひ、ぜひカンボジアの郷土料理、小春巻(チャージョー)を試してみてくださいね♪


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. カンボジアの食事

パンテアイ・スレイ

今回は、小さな遺跡にもかかわらず、訪れる人びとが息を呑むほどのすばらしい魅力を放っているパンテアイ・スレイについて詳しくお伝えします。

アンコール・ワットから40キロメートル北西にある「パンテアイ・スレイ」は、10世紀に建立された薄紅色の砂岩で造られた寺院などの小さな遺跡です。

その壁面はヒンズー神話をモチーフにした華麗な装飾で埋め尽くされています。

その彫刻は、アンコール遺跡のなかでも最高の傑作といわれるほどで、特に中央祠堂には、「東洋のモナリザ」と呼ばれる、デバダー(女神)や、守門神ドゥヴァラパーラのレリーフが残されています。

繊細で優美、かつ壮観な美しさに、アンコール遺跡を訪れた人たちのなかには、最も感動したと述べる人も少なくありません。

アンコール・トムやアンコール・ワットのあるところ周辺からは、バイクタクシーでのアクセスも可能で、所要時間は3時間ほどです。

しかし道中の安全には不安が残ります。道路事情が悪いだけでなく、強盗などの万一の危険が伴うのです。外務省は観光を控えるよう呼びかけているところですので残念ながらあまりお勧めはできません。訪れるときには、事前に現地での最新かつ確実な情報を入手してください。

町の情報はツーリスト・オフィスで入手できます。遺跡群の地図も手に入ります。アンコール遺跡群の入場券も扱っていますので、シエムリアプに到着したらまず先に訪ねるといいでしょう。

午後は閉まっていることが多いので要注意です!その他、ホテルやレストランで情報ノートなどが置かれ、旅人同士の情報交換ができるようになっているところもあります。

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

  1. カンボジアの遺跡群
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。